無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
ケイタ・モリというダンサー
 
しばらくぶりのブログ
ご無沙汰しておりました。

更新がないにも関わらず、毎日チェック頂いた方もいるようで
大変失礼しました。

そのぶん、書くことが溜まっていますので
って何のフォローにもなっていませんが
今週は面白い事がかけそうです。


まずは
mixiを読んで頂いた方には、2度目な話になりますが
今回はマイケルネタでいきますね。


皆さんは
ケイタ・モリというダンサーをご存知ですか?
なんでも、マイミクからの情報によると
テレビでも取上げられた方らしいので
ご存知かも知れませんね。


恥ずかしながら
あまりテレビを見る生活をしてませんので
気になって、ネットで調査してみました。


今回は
世界で活躍する日本人ダンサーの紹介をしようと思います。



事の発端は
マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」。

先週で公開が終了しましたよね。



僕も見に行った感想を11月02日のブログにしたのですが
http://club-day08.jugem.jp/?day=20091102

その時は、まだ見てない方のために
あまり内容に触れておりませんでした。




そこでね。
公開も終わった事ですし、何か高ぶった感情をブログに書こうかなとトライしたのですが
なぜか
書くことが出来ませんでした。

書いても書いても
こんな拙い表現で、あの映画を語っていいものか?
そんな葛藤があったのです。
(かなりマイケルファンですが、何か?)




ネット上には
沢山のレビューがありましたので
それらを追って行くうちに
マイケルから始まったネットサーフィンが
ふとしたページで止まりました。


マドンナのHP
http://madonna.com

この中で、July 5 2009に
興味深いニュースがありました。


序文はこうです。
Madonna Pays
Tribute To Michael Jackson
During Her First Show in London


マドンナが自分の公演で
マイケル追悼のパフォーマンスを行った事は知っていたのですが

かなりの
最後のほうに
"Kento, my dancer,

から始まる文章がありました。


つまり、このマドンナのHPには
今回ご紹介する
ケント・モリと言う、日本人ダンサーの名前が・・。

確認のため、も一度書きますが
マドンナのオフィシャルHPですよ!!



よくよく読んでみると
 マドンナが行った
追悼のパフォーマンスで
マイケルの格好をしたダンサーは
日本人だったのです。
↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=VMVPfetWvhw&feature=related



この方は、どんな方なんでしょうかね?
色んな検索をして、こんな事が分かりました。


このケントさんは
マイケルと仕事がしたくて
アメリカに渡った方らしいのですが

なかなかその当時、
マイケルの活動が始まりません。


そこで、手始めに受けた
マドンナのオーディションに受かってしまいました。


そんな折に
世界TOPの限られたダンサーに
マイケルからのオーディション招待状が届きます。


そしてなんと
こっちにも一番で受かってしまったのです。


すごいですね。
最強の板ばさみ状態ですよ。


どうしても
マイケルと仕事したかった彼は
違約金を払ってでも、マドンナとの仕事を解除に向かうのですが
契約社会アメリカでは
もちろんそんな事が通ることも無く


この時点でのマドンナは
ケントが
「マイケル大好き」な事も、
いつかは
「マイケルと一緒に仕事」する事が夢で、アメリカに来た事も
すべて知っていましたが

自分のショーを最高のものにするために
解約に応じなかったそうです。



そすると
マイケルが直接、マドンナに電話してまで交渉したそうです。
すごいよねぇ〜^^。



結局、ケントさんも諦めました。
ところが
マイケルの訃報が届き
突如マドンナは自分のプログラムを変更します。


上のURLで貼りましたが
このケントを大抜擢して、マイケルの格好で躍らせたばかりか
翌日から、自分のHPでの特集を組んだそうです。



さすが姉御肌ですね。
マイケルやマドンナが取り合った日本人ダンサー。
そんな裏幕劇があったのですよ。



いい話やん。



余談ですが
マドンナからマイケルへの、コメントです。
http://www.mtvjapan.com/video/program/19585

こちらは、ジャネット・ジャクソンのショー
http://www.mtvjapan.com/video/program/17842#video_title




こんな世界の中心で活躍する
日本人ダンサーもいるんですね。


ちょっと嬉しい話だったので
取上げてみました。




結局
そんなこんなで
感想すら上手くかけないまま、
「THIS IS IT」の公開も終わってしまいました。



でもまぁ、
感じた事を大事に過ごしていきたいです。



長いブログに最後まで
ありがとう!


ではまた。




| MAT | ネットにて調査した話し | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://club-day08.jugem.jp/trackback/698